外壁塗装で鉄部や木部を塗る場合に注意することは?

住宅も塗装はサイディングやモルタルばかりではない

住宅を塗装する時には、外壁の塗装が中心になりますが、最近の住宅であれば窯業系サイディングを採用しているところが多いですね。少し前の住宅であればモルタルを使用していることが多く、モルタルに塗装をすることになります。これらの塗装が中心になりますが、それだけが外壁塗装ではありません。鉄部や木部の部分も塗装する必要があります。住宅のベランダの手すりに鉄が使われていますね。また、木部はウッドデッキなどに使われていますし、木材のサイディングの場合はほぼ全面木部になります。これらのところに塗装をする必要があります。

木部の塗装での注意点とは?

木部の塗装をする場合には、普通の塗料を使ってはいけません。外壁塗装業者も窯業系サイディングに塗るような塗料を使うことはありません。では、どのような塗料を使ったらいいでしょうか。それは、浸透性の高い塗料です。木部は湿気を吸収すると膨張して、湿気がなくなると縮みます。気候によって伸縮する性質があるのです。そこに普通の塗料を塗ってしまうと伸縮性を殺すことになります。ですので、木部には浸透性の高い塗料を塗って木材が呼吸をさせるようにする必要があります。

鉄部を塗るときに注意するべきことは?

鉄部を塗る場合はどうでしょうか。鉄部の問題点は錆びることです。特に、海から近い所や湿気が多いところは錆びやすくなります。そこで、鉄部に対してはさび付かない塗料を塗ることが必要になるでしょう。さび付かせないためには錆びる仕組みを理解する必要があります。錆びるのは、鉄が酸化するからです。酸素が鉄に結びつくことで錆が発生します。そこで、アルカリ性塗料を使うことで、中性になります。その結果、錆を発生させにくくするのです。

外壁塗装の相場を知るには、居住地域の周辺にある顧客からの信頼の厚い業者のパンフレットに目を通すことや、ハウスメーカーに仲介を依頼することが挙げられます。