どんな関係性!?包茎の種類と手術の必要性

一番多いのが仮性包茎!

男性にとって重要な問題である包茎は、多くの人を悩ませる原因にもなっています。包茎は恥ずかしいという概念があり、コンプレックスに思う方や衛生的に心配がある方も多いですよね。そこで、包茎に悩んでいる方は、思い切って包茎手術を受けてみましょう。ただし、包茎の中にはわざわざ手術を受けなくても問題がない包茎もありますよ。今回は、主な包茎の種類と手術の必要性を紹介します。手術の必要性がある包茎に当てはまる方は、是非、包茎手術を検討してみて下さい。

手術がオススメ!真性包茎

続いての種類は真性包茎です。仮性包茎とは異なり、通常時にも完全に包皮で覆われている状態の包茎です。ただし自分で包皮を剥き、陰茎を露出させる事は可能なので、入浴の際に洗う事ができますよ。この点が、次に紹介するカントン包茎との大きな違いです。真性包茎自体は、手術の必要性がそこまでありませんが、仮性包茎よりも精神的にコンプレックスになりやすいことが懸念されます。その場合は思い切って手術を受けた方が、負い目もなくなるので手術を受けてみましょう。

手術が必要!カントン包茎

3つ目に紹介する包茎はカントン包茎です。真性包茎と見た目はかなり似ていますが、カントン包茎は、出入り口付近の包皮がつよく締まり、陰茎を完全に露出する事ができない包茎です。したがって、包皮内に細菌が溜まりやすく、感染症のリスクも高くなりますよ。性行為の際にもうまくできない恐れもあるので、出来る限り手術を受けられる事をオススメします。以上のような包茎の手術があり、中には手術したほうがよい包茎もあります。病気の予防をするためにも是非、手術を受けてみましょう。

包茎の手術をするなら、実績のある医療機関を選ぶことです。現在は日帰り手術を行っているところも多く、傷跡も目立ちません。