ここだけは抑えておきたい!家庭用太陽光発電の選び方

まずは全体の流れを把握することが大切です

環境に優しいクリーンなエネルギーというだけでなく、余った電気を電力会社に買って貰える家庭用太陽光発電が最近人気ですが、いくつかのポイントを抑えておかないと思わぬトラブルを招くことがあるので要注意です。まず、導入の際は初期計画から運用スタートまでの流れを、フローチャートなどを利用して十分理解するようにしましょう。この流れを知っておけば、販売や施工及び設置に関連した業者や、売電先の電力会社が言っていることを理解しやすくなります。この業界には悪徳業者が稀に居るものですが、こちらが知識を身につければ彼らを撃退することは簡単ですよ。

設置目的をしっかり再確認しましょう

太陽光発電を導入したい目的は、人によって違うもの。たとえば本格的に売電して不労所得を手に入れたい人、火力や原子力発電をしている大手電力会社を利用したくない人やクリーン発電で地球環境に貢献したい人など様々です。太陽光発電システムは、メーカーによってその特徴が大きく異なるので、まず自分の目的をはっきりさせて、ピッタリの機種を選びましょう。こちらが目的をはっきりさせていて、具体的に提案すれば業者も真剣になって相談してくれますよ。

複数の見積りを取って信用出来る業者を選びましょう

家庭用電力を導入するまでの基本的な流れを理解し、自分の目的を再認識したら、いよいよ業者選びですが、いきなり最初の業者を選んでしまうことは厳禁ですよ。例えどんなに良心的に思える業者であっても、ひとまず決定は保留して必ず複数の見積りを取るようにしましょう。太陽光発電は10年単位で利用するものですよね。つまり、販売業者は長く付き合う大切なパートナーになります。単に親身なだけでなく、経営基盤がしっかりしているか、実績は十分なのか客観的な視点で比較検討することが大切です。

自然エネルギー発電の一つなので今後も期待されるでしょう。太陽光発電システム自体は、恒久性のあるものなので、自宅に設置するなら早い時期に設置するのが無難ではないでしょうか?